小学生向けプログラミングスクールとは?教材や内容について詳しく解説します!

当サイトでは、これから子供にプログラミングスクールに行かせてあげたいけど、自分はプログラミングに詳しくないのでよくわからない。
タイピングも英語もできないけど、あんな複雑そうな文章を小学生が本当に学べるの?といったさまざまな疑問に答えていきます。
特に今の親世代の方々は、プログラミングの経験がない方が大半だと思われます。
そこで費用や学習時間、さらに使う教材や内容についてもまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。

小学生向けプログラミングスクールとは?教材や内容について詳しく解説します!

プログラミングには難しくて、敷居が高いイメージをお持ちの方も多いと思います。
小学生の算数や漢字なら家庭でみることもできますが、ITの知識を学ばせたいとなると、やはりプログラミングスクールなど他の人に頼らざるをえないことでしょう。
しかし、プログラミングスクールを算数などの「勉強」ではなく、水泳やそろばんなどの「習い事」としてとらえてみてください。
親御さんが水泳に詳しくなくても、特に抵抗なくスイミングスクールに通わせるように、プログラミングが分からなくても、教材や内容はある程度同じようなものが使われているので、どんな先生が教えているのか見極めて、プログラミングスクールに任せてみましょう。

プログラミングスクールが小学生の習い事として人気な理由

小学生の子供を持っている方の多くが、何か習い事をさせたいと考えている方が多くいるはずです。
小学生の習い事として人気が高くなっているのがプログラミングスクールになります。
人気が高くなっている理由は、高いプログラミングスキルを身につけることができれば、仕事で活用できる可能性が高いからです。
将来に繋がることを学ばせたいと考えている親が多く、ITスキルを身に付けさせようとすることは賢明な判断だと評価できます。
これからIT人材が数十万人も足りなくなると予測されているので、プログラミングスクールで学ばせることはメリットが多くあります。
ただ、プログラミングスクールも様々なところがあるため、よく比較して子供に合ったところを選ぶことが重要です。
どこも同じに見えるかもしれませんが、カリキュラムや講師の質など異なる部分が結構あります。
せっかく学ぶのであれば、クオリティの高いプログラミングスクールを利用するべきです。

小学生がプログラミングスクールに通う時にはどんな目標設定をすればいい?

小学生をプログラミング教室に通わせる際に重要なのは、成功体験を積ませてあげることです。
プログラマーのなかには、難解なコードを前に悪戦苦闘している人も少なくありません。
そこに楽しいという感情は少しもないことが一般的です。
子どもの頃にそのような経験をすると、いきなり挫折感で満たされるかもしれません。
そうなると続けていく気力を保てなくなるので、プログラミングスクールでは現実的な目標を設定しなければなりません。
たとえば、画面に自分の名前を表示することも、小学生にとってはハードルが高いです。
ましてや、分岐や反復といった文法を理解するのは困難でしょう。
したがって、上から下に流れる単純なフローチャートを想定するだけで十分です。
ロボットを動かすプログラムの場合、真っすぐ進む部分をコーディングできれば十分です。
プログラミングスクールには教材がたくさんあるので、クリアした課題の難易度に応じて次の目標を定められます。

プログラミングスクールに小学生が通うならいつからがベスト?

プログラミングスクールに通うタイミングは人によって違いがありますが、小学生から通う場合は何年生から通うのがベストなのか気になるかもしれないです。
プログラミングスクールには何年生からでも通うことができるので、早ければ1年生から通っても問題ありません。
1年生や2年生などで通う場合は、低学年で通うことになりますから、プログラミングスキルを小さいときから取得することが可能です。
低学年から通う場合でも本人が興味を持っていないと、勉強をするときのモチベーションが維持できない可能性があります。
本人に学びたい気持ちがないと厳しいので、プログラミングスクールに通う適切な時期は、本人が通いたい気持ちになった段階で問題ないです。
両親が勉強をするのではなく子供が勉強をすることになるので、両親がどれだけ学ばせたくても子供が興味を持たなければ上手くいきません。
そのため最初の段階でプログラミングスクールの体験学習などを経験させると、上手く興味を持って貰えるかもしれません。

小学生がプログラミングスクールで得られる能力とスキル

小学生がプログラミングスクールで得られるものは何か、それは子供だけでなく大人にとっても興味深いのではないでしょうか。
頭の柔軟性があって新しいものを効率的に吸収できる小学生は、プログラミングスクールで得られる能力やスキルが多いです。
例えばパソコンの扱い方やプログラムの開発方法、テストやバグの発見に改良といったものが一通り身につきます。
また効率化の重要性に気がつけたり、プログラミングスクールで学んだことを活かして、自分なりにプログラミングで効率化を図る取り組みを始める意識が高まります。
思考は論理的になりますし、アイデアを形にする手段が手に入るので、自己表現力のアップにも期待できます。
他にもより難しい課題に挑戦したり、最後までやり抜く忍耐力も身につくと思われます。
入会して満足するのではなく、継続が前提となりますが、将来の選択肢が増えて就職の幅が広がったり、キャリアアップの可能性も高まるのではないでしょうか。

プログラミングスクールに関する情報サイト
プログラミングスクールの疑問について解説

当サイトでは、これから子供にプログラミングスクールに行かせてあげたいけど、自分はプログラミングに詳しくないのでよくわからない。タイピングも英語もできないけど、あんな複雑そうな文章を小学生が本当に学べるの?といったさまざまな疑問に答えていきます。特に今の親世代の方々は、プログラミングの経験がない方が大半だと思われます。そこで費用や学習時間、さらに使う教材や内容についてもまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。

Search